作業効率の向上に繋がるのがメリット

製図作りは熟練の技術が求められるため、需要に対して供給が少なかったのが従来の問題でした。また、工程が非常に複雑なことからやり直しが非常に困難だったのも供給数が少ない理由のひとつです。コンピューターを用いるCADは製図の知識があれば短時間で作成できるのが大きなメリットです。従来の製図作りのように何日もかけて微調整を繰り返す必要が無いことから、必要に応じて複数枚を一度に作ることができます。修正も容易なので急な変更にも対応できるのがCADならではの魅力です。現在では製図に関わる業種の多くでCADが導入され、ソフトの操作に慣れている人が重宝されています。

CADソフトは適切に管理して使うことが肝心

現在の製図作りに不可欠とも言えるCADですが、データのアップデートはこまめに行う必要があります。建築に関する法律は毎年のように変わり、それに伴って資材の規格や安全管理の基準も変更されるためです。古いデータのままで製図を作ると法律で定めた安全基準に満たない可能性があります。作業現場でトラブルを発生させないためにもCADのデータ更新を怠ってはいけません。常にCADデータのバージョンを確認し、アップデート情報に気を配るのが製図作りに必要な姿勢となります。また、CADソフトは新しい物ほど容量が大きいのが普通なので、パソコンの性能についても注意しなければいけません。極端に古い年式のパソコンではCADを起動させることすら困難なので、職場にCADを導入する際は受け皿であるパソコンの性能も併せて確認することが大切です。

CAD「キャド」とは、パソコンを用いて設計や製図ができる設計支援システムのことです。電気CADというのは、CADの中でも電気設計をサポートする機能に優れております。