業者によって異なる修理作業の詳細

スマホ修理を行う業者は大別して正規店と非正規店があります。これはスマホメーカーが認めているかどうかの違いなので、法律上の問題は無く、修理技術にもほとんど違いはありません。正規店はスマホメーカーが作ったマニュアルに沿って修理を行うので、細かいチェックを受けられるメリットがあります。その反面、修理に要する時間が長いうえに交換する部品もメーカーの純正品なので割高です。さらにスマホのデータが初期化されるので、時間が無くデータのバックアップも取っていない人は正規店は避けるのが無難と言えます。その点、非正規店は他メーカーの部品を使っているので費用が安く済むうえ、破損した部分の修理とチェックだけを行うので時間もかかりません。軽微の修理作業であればその日のうちに終わらせることができます。

破損の程度による業者選びのポイント

スマホ修理を業者に依頼する際は時間や費用、破損の程度などが重要な判断基準になります。非正規店が安くて早いのはスマホメーカーの修理マニュアルではない、業者独自の手順で修理を行っているためです。単純な部品交換程度の修理なら数時間で済むこともありますが、あくまでも軽微な破損への対処に留まる点を注意する必要があります。データの修復や基盤の交換などの重大な修理はスマホメーカーに認められた正規店でしか対処できません。スマホの状態によっては新しく買い替えた方が安く済むケースもあるので、まずは非正規店で破損の度合いを確認してもらい、その結果次第でどうするかを決めるのが無難な方法と言えます。

Xperiaの修理の修理は、スマートフォンを修理してくれる一般業社で修理してもらうのがリーズナブルです。画面の破損程度であれば3万円前後で修理が可能です。